葬儀で後悔しないために

葬儀屋さんに伝えるべき「要望」とは?

大切な人がお亡くなりになって、自分がその人のために葬儀を出すというのは、いろいろな意味で非常にたいへんなことです。大きな悲しみの中で突然訪れるわけですし、これまでには考えられなかった状況の中で目が回るほどの忙しい数日間を送ることになるわけですから、それは当然と言えば当然でしょう。

 

 

しかし、そうした「とてもたいへんな数日間」を、しっかりと乗り越えていかなければならないのは、だれよりも当の本人がよく知っていることです。そして、ここでの「乗り越える」というのは、葬儀を立派なものとして成功させることにあるのも、疑いようのない事実です。納骨の費用ならエターナル

 

葬儀を成功させるために何が必要であるのかを考えることになるわけですが、当然、葬儀のあれこれに通じている葬儀関連のお仕事をしている人以外の人は、自分ひとりで葬儀を成功に導くことができるとはまったく思っていないはずです。とすると、当然頼りになるのが、葬儀屋さん」ということになります。

 

葬儀を無事済ませることができるのは、その道のプロフェッショナルである葬儀屋さんの力が非常に大きいことは明らかでしょう。ですから、喪主や遺族は、できる限りの要望を葬儀屋さんに伝えることが何よりも重要になるわけですが・・・

 

もちろん今書いた「葬儀屋さんにできる限りの要望を漏れなく伝えること」は非常に重要です。しかし、実際のところ、上にも書いたような非常に「たいへんなとき」であるのもまた事実であり、そんなときに「できる限りの要望」を冷静に伝えることは考えられる以上に難しいことです。
そこで今回は、どんなことを伝えればよいのか、そういうお話をしていきたいと考えています。

要望を伝えることは難しい

繰り返すようですが、大切な人の葬儀を開くというのは、想像以上にたいへんなことであり、精神的にも肉体的にも非常に負担が大きくなります。そんなとき、どんな葬儀にしたいのかを具体的にイメージして、それを漏れなく葬儀屋さんに伝えるというのは、至難の業であるようにも思います。
実際のところ、葬儀屋さんの多くは、喪主や遺族代表の人とファーストコンタクトをとる際、ほとんどの場合「何をしたらいいのかわからない」とか、「葬儀のことなんて何も考えたことがなかった」など、かなり途方に暮れている様子が手に取るようにわかるのだそうです。東京 世田谷 葬儀 葬式 敬愛セレモニー

 

 

しかし、これはある意味当たり前のことです。特にこの「葬儀」というのは、非常に特殊なイベントですから、「葬儀には慣れっこです」などということは基本的にはありえません。経験していなければ、それだけ葬儀が「難しいこと」のように感じられるのはまったく不思議なことではないのです。その意味では、葬儀屋さんに冷静に要望を伝えるということは、非常に難しいことであると言えるわけです。

 

その意味では、「葬儀屋さんに要望を伝える」ということをいきなり実行しても、うまく伝えられない可能性が非常に高くなると言えます。とすると、まずすべきことは、葬儀屋さんに要望を伝えようとすることではなく、「葬儀における要望とは何か」をしっかりと理解し、そして「要望のまとめ方」と「要望の伝え方」を学習する必要が生じると思われるのです。

 

かなり遠回りのように感じるかもしれませんが、実はこれが一番の近道なのです。

お勧めサイト

失敗しない語学留学の進め
http://yonagotottorihotel.com/

 

語学留学をしたときの注意事項などが書いてあるサイトです
これから語学留学する方は必見です。

 

まつげエクステをやるなら銀座にいこう!
http://www.c-short.com/

 

まつげエクステをやるなら銀座が一番!
その理由はこちらのサイトに!

更新履歴


このページの先頭へ戻る